シースリー 大阪

保健機能食品とは

機能性食品は、病気予防や回復力の向上など、様々な健康効果を高める食品として販売されています。目的に合わせて、色々な機能がある機能性食品があります。機能性食品は細分化すると3つあり、健康食品、特別用と食品、保健機能食品となります。このうち保健機能食品は、特定保健用食品と、栄養機能食品に分類されます。以前は、食品に対して、薬のように効能を記載することは、法律で認められていませんでした。しかし、健康ブームの影響でサプリメント等の流通量が増えてました。その流通量の増えたサプリメントや、健康食品を分類や表示をする必要が出てきました。今では、保健機能食品として認められた商品であれば、一定の健康効果があることが書けます。整腸作用や、血圧調節作用、血糖値を調節する作用、体脂肪を下げる効果などは書けるようになっています。トクホマークという、保健機能食品を表すマークもつくられて、周知がはかられています。機能性食品の形状は様々です。食品と変わらない形をしたものから、錠剤型、顆粒型、カプセル型、ドリンク型などもあります。健康食品のうち、保健機能食品ではないものは、いわゆる健康食品といいます。しかし、明確な定義が存在しているわけではなく、食品との線引きは曖昧です。機能性食品と表示されていても、食品としての定義づけがされているわけではありません。