シースリー 大阪

機能性食品とは

文部科学省が、1980年代に決めたものが機能性食品です。美容や健康を気にする人達の間で、機能性食品が注目されています。機能性食品では、食品が有する3つの能力に着目します。1つ目は栄養機能で、生きていく上で必要な栄養素やカロリー。2つ目は感覚機能で、味や香り、美味しいと感じるもの。体調調節機能は、免疫力を高めたり、老化を未然に防ぐなど、体をつくるための機能です。機能性食品は、この中でも特に3つ目の体調調節機能を有していると認められる食品のことです。機能性食品を言い換えると、食べ物に含まれている体調調節機能を担う成分でつくられた食品ということになります。機能性食品は、医食同源という思想がベースです。不調になりにくく、健康的な体を保つために必要な体の諸機能を、機能性食品で助けるというものです。機能性食品という言葉は日本で生まれたものです。しかし、現在では欧米など世界の各地で用いられています。薬ではないので、機能性食品は、効能を記載することは、法律で禁止されています。しかし、この考え方に基づき、厚生労働省は、健康食品の中で一定の機能を持つものを保健機能食品として販売することを認める制度をつくりました。どんな効果がある商品かを書きたい時には、保健機能食品としての認可を得る必要があります。